メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川駅伝 男子・小豆島中央高A、女子・高松工芸高がV2 /香川

両手でガッツポースしながらフィニッシュする小豆島中央高Aの森本喜道選手=香川県高松市生島町の県総合運動公園で、喜田奈那撮影

 琴平駅伝記念男子第50回女子第17回香川駅伝競走大会(香川陸上競技協会、毎日新聞高松支局主催)が11日、高松市生島町の県総合運動公園で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今大会は県内チームのみの参加となり、中高生や社会人などの男子18チーム、女子7チームが出場。男子は6区間25.3キロ、女子は4区間13.8キロの周回コースでたすきをつないだ。男子は小豆島中央高Aが1時間18分8秒で統合前を含めて2年連続3回目、女子は高松工芸高が50分3秒で2年連続5回目の優勝を果たした。【川原聖史、喜田奈那】

この記事は有料記事です。

残り1725文字(全文1981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです