メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

寺田真三さん=勤続半世紀を迎えた衆院議員会館の売店店主

寺田真三(てらだ・しんぞう)さん(74)

 国会議員が事務所を構える東京・永田町の衆院議員会館で土産物屋を切り盛りして、1月で50周年を迎えた。見届けた歴代首相は佐藤栄作氏以来25人を数える。中曽根康弘氏は旧議員会館裏にあった「プール仲間」で、羽田孜、鳩山由紀夫両氏はかつての常連客だった。「うちの店はお客さんに会話を楽しんでもらうアットホームさがモットーなんです」と話す。

 元々は繊維商社のサラリーマン。両親が旧議員会館に開いたパン屋を継ぎ、休まず永田町へ出勤した。左目にウイルス性の病気を抱えたが、多忙で通院できずに視力はほぼなくなった。それでも「議員や秘書が必ず来てくれる」と、店番を生きがいにしてきた。新会館に建て替わった10年前、衆議院は老舗を入れないと内々に決め、廃業を強いられた。だが、「絶対にやめないで」との声に押され猛抗議し、存続が認められた。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです