メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 全国高校選手権 決勝 山梨学院、粘りのV

【山梨学院-青森山田】PK戦を制して喜ぶ山梨学院の谷口(右)。左は青森山田のGK韮沢=宮武祐希撮影

 サッカーの第99回全国高校選手権は11日、埼玉スタジアムで決勝があり、山梨学院が延長、PK戦の末、前回準優勝の青森山田を2―2(PK4―2)で破り、11大会ぶり2度目の優勝を果たした。両校が決勝で顔を合わせるのは第88回大会以来で、当時は山梨学院が初出場で初優勝していた。3大会連続で決勝に進んだ青森山田は2大会連続の準優勝。決勝でのPK戦決着は8大会ぶり3度目。5点を挙げたMF安斎颯馬(青森山田)が大会得点王になった。

 新型コロナウイルスの感染再拡大で首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令されたため、準決勝と決勝は無観客で開催された。

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです