メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈り物 頼もしい「影」=越智貴雄

 パラ陸上の男子100メートル。世界では義足を使用するクラスや視覚障害クラスの選手が10秒台を出しているが、日本人選手にはまだいない。そんな中、「日本人でも考え方と取り組み方次第で、10秒台を出せることを証明したい」と力強く話すのは、日本パラ陸上競技連盟のテクニカルディレクターを務める原田康弘氏(65)だ。

 原田氏は200メートルや400メートルなどの元日本記録保持者で日本陸上界のレジェンドだ。陸上界にとどまらず、プロ野球やサッカー・Jリーグのチームでも走力向上のコーチングを務めてきた。パラアスリートを指導することについて聞くと、「パラリンピックは指導者冥利に尽きる魅力的な世界。障害によって関わり方が多種多様で、考える楽しみが多いのが魅力」と、楽しそうに話す。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです