メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

Passion 女子柔道 工藤、ブランク越えて 同級生コーチと二人三脚

2019年7月の国際大会で銅メダルを獲得し、仲元歩美コーチ(左)と喜び合う工藤=仲元コーチ提供

 視覚障害者柔道界に約15年のブランクを経て復帰し、東京パラリンピックに挑む選手がいる。女子63キロ級の工藤博子(36)=シーズアスリート=だ。地元・大分で介護職員をしていた一人の女性が2018年、畳の上で頂点を目指すアスリートに転身した。

 体重約1000グラムの未熟児として生まれ、「未熟児網膜症」を発症した。左目はほとんど見えず、右目も視力は0.1以下という。中学生の時、田村亮子(現・谷亮子)の活躍による「ヤワラちゃんブーム」に触発され、友人と柔道部を設立して競技を始めた。高校でも健常者に交じって継続。県大会で個人3位になるなど実力を伸ばしたが「大学で続けるには実力的に難しい」と、卒業を機に競技から離れた。その後、短大に進学し、介護福祉士の資格を取得。卒業後は高齢者介護施設で働いていた。

 転機が訪れたのは16年の秋だ。「東京パラリンピックでメダルを目指せる。一緒に世界を取ろう」。突然、こう持ちかけたのは、高校の同級生で当時、東京で視覚障害者柔道選手を指導していた仲元歩美さん(36)だ。後に日本視覚障害者柔道連盟の強化コーチにもなる仲元さんは、多くの試合を見る中で「手足が長く、技に切れがあった工藤なら世界レベルでも通用する」という感触を持っていた。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです