二階氏、下村政調会長に不快感 補選敗北なら「政局」発言で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
二階俊博自民党幹事長
二階俊博自民党幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、4月の衆院北海道2区と参院長野選挙区の両補欠選挙で自民党候補が敗北した場合、政局になる可能性があると発言した下村博文政調会長に不快感を示した。二階氏は「政策は政調会長の意見を尊重するが、選挙は幹事長の責任だ。しっかり対応する。ご心配なく」と語った。

 同時に、2敗でも政局化しないかとの質問…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集