メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梶山経産相、飲食店取引先への支援 売り上げ半減で最大40万円

梶山弘志経済産業相=滝川大貴撮影

 梶山弘志経済産業相は12日の閣議後記者会見で、緊急事態宣言の再発令で営業時間を短縮した飲食店の取引先向けに給付金を支給する方針を表明した。対象は、1月もしくは2月の売り上げが前年同月に比べ半分以下となった事業者。中堅、中小企業には最大40万円、個人事業主は最大20万円を支援する。

 宣言が発令された首都圏1都3県の飲食店と直接取引している全国の業者のほか、農家や漁業者といった間接的な取引先も想定している。政府は京都、大…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです