メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊婦殺害・胎児誘拐の死刑囚、執行延期 米連邦地裁が可否再判断

リサ・モンゴメリー死刑囚=弁護団提供

[PR]

 米中西部ミズーリ州で2004年12月、絞殺した妊婦(当時23歳)の胎児を奪って誘拐したとして、12日に刑が執行される予定だったリサ・モンゴメリー死刑囚(52)について、インディアナ州の連邦地裁は11日、執行の延期を決めた。精神障害の影響で「死刑の根拠を合理的に理解できていない可能性がある」と判断した。改めて審理を開いて執行の可否を決める。

 弁護団は、幼少期からの激しい性的虐待などが精神障害を引き起こし、事件につながったと主張。心神喪失状態にある死刑囚への刑執行は違憲だとして、執行停止と仮釈放なしの終身刑への減刑を求めている。トランプ政権は昨年7月、連邦レベルでの死刑執行を17年ぶりに再開。政権移行期に入っても、駆け込みで執行を強行している。【ニューヨーク隅俊之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです