メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与謝野寛・晶子、最後の挑戦 文芸誌「明星」の精神継ぐ「冬柏」 堺で企画展

宮元尚旧蔵の「冬柏」原本=宮元家所蔵(熊本・多良木町収蔵)

 歌人の与謝野寛・晶子夫妻が中心となり、近代短歌の新時代を築いた明治期の文芸誌「明星」。その後継誌として昭和初期に誕生した「冬柏(とうはく)」は、「明星」の再興をかけた2人の最後の挑戦であり、両者の没後も門弟の手で刊行された。戦火をくぐりぬけ、歌人たちが守り続けたのは個性と自由の精神に貫かれた表現の理想郷。創刊90年を経た今、「冬柏」に光を当てた企画展が晶子の地元・堺市にある「さかい利晶の杜」で開催中だ。

晩年の2人を知る貴重な資料

 晶子が愛したツバキを意味する「冬柏」は、寛が主宰する「新詩社」の月刊機関誌として1930年に創刊。35年に寛が、42年には晶子が亡くなったが、その志は弟子たちに受け継がれ、52年まで刊行された。晩年の2人を知る貴重な資料である一方、「近代短歌史の中でほとんど評価されてこなかった」と本展担当の森下明穂・学芸員。昭和初期はライバルのアララギ派が歌壇の主流だったことに加え、「明星」に比べて地味な装丁や著名な執筆者が少ないことなどが理由だという。だが2017年から20年にかけて全26巻が復刻されるなど、近年その価値が見直されつつある。

 本展はその「冬柏」の全容に迫る画期的な内容だ。展示室には創作に対する2人の思いや覚悟を…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1884文字)

清水有香

2006年入社。和歌山支局、編集制作センターを経て13年から大阪本社学芸部。主に美術・ファッションを担当し、育休より復帰後の20年からは文芸・宝塚を中心に取材。ほかに音楽、映画、建築など幅広く関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです