メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「とくダネ!」22年の歴史に幕 フジ情報番組 小倉さん「次世代に席を譲る時」

22年間、メインMC(司会)を務めた小倉智昭さん(中央)。現在の他のMCは山崎夕貴アナウンサー(左)と立本信吾アナウンサー=フジテレビ提供

[PR]

 フジテレビは12日、朝の情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜午前8時)を3月26日の放送で終了すると発表した。1999年4月1日にスタートしたフジ系の看板情報番組が、今春で22年間の歴史に幕を下ろす。 

 フジによると、小倉智昭さんがスタート時からメインMC(司会)を務め、病気休養の時期などがあったものの、1月12日現在で放送回数は5593回に達した。「同一司会者による全国ネットのニュース情報番組」の放送回数最多記録を更新中という。

 小倉さんは「マイク生活50年のうち、『とくダネ!』の22年間は貴重な財産となりました。毎朝3時起きで、大病もありましたが、長く続けられたことに自分でも驚いています。まだ、全てをやり遂げてはいませんが、そろそろ次世代のキャスターに席を譲る時が来たようです。長きにわたり『とくダネ!』をご覧いただきありがとうございました」などとコメントした。

フジテレビ=東京都港区で、武市公孝撮影

 同番組は、小倉さんがニュースや社会問題を斬る独自の目線のコメントが常に話題になった。特に五輪は、2000年のシドニー大会から、夏季大会は自ら現地取材を敢行し、10年のバンクーバー大会以降は冬季大会も現地から生中継で熱狂を伝えてきた。

 フジによると、「とくダネ!」はVTR主体のそれまでのワイドショーのスタイルを脱却し、スタジオでボードを使ってプレゼンしながら説明する方式を開発。「現代のニュース情報番組の礎を作った」と渡辺貴チーフプロデューサーは言う。「アマタツ!」こと、気象予報士の天達武史さんのお天気コーナーも人気があった。

 放送開始から1月11日放送分までの番組平均世帯視聴率は8.0%。11年7月18日の放送では、歴代最高世帯視聴率となる16.4%を記録している(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 小倉さんのコメント全文は以下の通り(原文のまま)。

 マイク生活50年のうち、『とくダネ!』の22年間は貴重な財産となりました。毎朝3時起きで、大病もありましたが、長く続けられたことに自分でも驚いています。視聴者、出演者、スタッフ、家族、友人、皆さんが私を支えてくれました。まだ、全てをやり遂げてはいませんが、そろそろ次世代のキャスターに席を譲る時が来たようです。私個人としては、まだ心が動かされるものがたくさんあります。それらに時間を費やしながら、許されるならマイクの前に立ちたいと思います。長きに渡り『とくダネ!』をご覧いただきありがとうございました。もうちょっとだけお付き合い下さい。【佐々本浩材】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです