特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ 自信胸に勝負の年へ=競泳・渡辺一平

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本選手権男子200メートル平泳ぎを制した渡辺一平=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影
日本選手権男子200メートル平泳ぎを制した渡辺一平=東京アクアティクスセンターで2020年12月6日、宮間俊樹撮影

 「2度目」となる東京オリンピックイヤーが幕を開けました。新型コロナウイルスの広がりで明日の行動も読めないですが、競技に対しては驚くほど不安なく新年を迎えました。大きな理由として昨年12月の日本選手権で自信につながるタイムを出し、勝負の今年に弾みをつけることができたからです。

 昨年4月に予定されていた日本選手権は新型コロナの影響で実施が見送られ、12月に開催されました。冬場の泳ぎ込みの時期で決して体の状態は万全ではなかったですが、メインの200メートル平泳ぎは自己ベストの日本記録まで0秒41差に迫る2分7秒08をマークして2連覇できました。

 日本選手権の1カ月前にあった日本社会人選手権は2分8秒69でした。もう少しタイムを出せるはずなのに。そう思って泳ぎを見直すとストローク(腕のかき)が小さくなっていることに気づきました。昨春以降、一時練習ができず、競技会も中止になったことで、本来の泳ぎ方を取り戻せていなかったのです。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1235文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集