メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑田氏「指導者としてエースに」 巨人コーチ就任、原監督とともに会見

桑田真澄氏=幾島健太郎撮影

[PR]

 プロ野球の巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が今季から「投手チーフコーチ補佐」に就任すると発表した。背番号は「73」。桑田氏は2006年に退団して以来、15年ぶりの巨人復帰で、プロ野球球団では初めて、コーチを務めることになる。

 同日、オンラインで記者会見した桑田氏は「今年に入り、原監督からやりがいのある話をいただいた。巨人OBとして、少しでも力になりたいと思った」と語った。また「73」は元巨人監督の藤田元司さん(故人)が背負った番号でもあり、桑田氏は「恥じないように、指導者としてエースになれるように頑張りたい」と表情を引き締めた。

 会見に同席した原辰徳監督は「強い味方が加わってくれて、非常に喜んでいる。大いに暴れてもらいたい」と期待を寄せた。【角田直哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです