メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内村航平との所属契約終了 リンガーハット、コロナで業績悪化

リンガーハットと所属契約を結んだ内村航平選手=2017年3月6日、田原和宏撮影

[PR]

 外食チェーンのリンガーハットは12日、体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(32)との所属契約の継続を断念したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による店舗の休業や外出自粛に伴う来店客数の減少などによる業績の悪化を理由に挙げた。

 2016年に日本体操界初のプロ選手となった内村は、17年3月に出身地である長崎県で創業した同社と契約。契約期間は21年12月までだったが、昨年末で契約を終了した。

 内村は自身のフェイスブックで「本当に感謝しています。これから新しい環境でのスタートとなりますが、引き続き皆さんに応援いただければうれしいです」とコメント。現在、新たな所属先を探している。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです