メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

ステーキ会食の重いツケ=与良正男

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、菅義偉首相は東京都などを対象に緊急事態宣言の再発令に追い込まれた。同時に共同通信社などの世論調査では内閣支持率も下落が止まらない。

 「宣言の発令が遅すぎた」「対策が中途半端だ」という批判だけではない。やはり、あれが尾を引いているように思える。

 昨年12月14日夜、東京・銀座のステーキ店で菅首相と自民党の二階俊博幹事長が、俳優やタレントらと会食した一件だ。

 専門家による政府の分科会が「勝負の3週間」と呼びかけ、「5人以上の飲食で感染リスクが高まる」と注意を促していたさなかの会食だった。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです