メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星野源さん=東京都港区で2020年10月30日午後6時33分、佐々木順一撮影

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 「毎年、今年の目標は『生きる!』と決めております。今年も生きま~す!」

 8日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、ゲストのいとうあさこが語ったこの言葉が共感を呼んでいる。

 昨年はコロナ禍や芸能人の死など、さまざまな意味で死が身近な一年だった。今年もコロナ禍は収まるどころか勢いを増しており、感染爆発と経済への大打撃の両方でつらい幕開けとなった。そんな中、この言葉はストレートに心に響いた。いとうに限らず、この年末年始の番組は「生きよう」というメッセージを伝えるものが多かった。

 まずは先月31日のNHK紅白歌合戦だ。星野源は、昨年の自粛期間中にネット上でさまざまなバリエーションで広がった「うちで踊ろう」の大晦日(おおみそか)バージョンを歌い、2番の歌詞を披露した。「愛が足りないこんな馬鹿(ばか)な世界になっても/まだ動く/まだ生きている」「生きて抱き合おう/いつかそれぞれの愛を重ねられるように」という歌詞にぐっときた人も多かっただろう。今は独りで歌ったり踊ったりするしか…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです