メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5G情報持ち出し容疑 不正取得170ファイル ソフトバンク元社員、転職直前に

 第5世代通信規格「5G」などの営業秘密が持ち出された事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された楽天モバイル社員、合場(あいば)邦章容疑者(45)=横浜市鶴見区=が勤務していたソフトバンクから不正に取得した情報は、約170ファイルに上っていたことが捜査関係者への取材で判明した。

 転職直前に約30回にわたって持ち出しており、警視庁生活経済課は計画的に取得したとみて調べる。

 合場容疑者はソフトバンクの社員だった2019年12月31日、自宅から私用のパソコンで同社のサーバーに接続し、5Gを含む営業秘密が入ったファイルを自分宛てのメールに添付したとして逮捕された。翌日付で競合相手の楽天モバイルに転職していた。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです