メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

予測不能の笑いと深み 「いずみシンフォニエッタ」定演

 いずみホール(大阪市中央区)の専属オーケストラで、現代音楽が専門の「いずみシンフォニエッタ大阪」が2月6日、第45回定期演奏会「飛翔(ひしょう)する感性」を開く。大阪生まれの作曲家、酒井健治の「Photons」や、アルゼンチンの鬼才・カーゲルの「DIVERTIMENTO?」を披露する。指揮は大井剛史、サクソフォンは上野耕平。

 大井と上野は昨年12月、オンライン形式の記者会見で意気込みを語った。「Photons」について、大井は「光の渦に潜り込んだような気持ちになるイマジネーティブな曲。リズミカルな動きがあって、どこか愉快にも聞こえる」とする一方、「四分音や重音がちりばめられていて来年一番大変なプログラム」。上野も「演奏は本当に難しいが、プレーヤーとしては挑戦したくなるところ。乗り越えた先にある響きの面白さや音楽の奥深…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです