メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

予測不能の笑いと深み 「いずみシンフォニエッタ」定演

 いずみホール(大阪市中央区)の専属オーケストラで、現代音楽が専門の「いずみシンフォニエッタ大阪」が2月6日、第45回定期演奏会「飛翔(ひしょう)する感性」を開く。大阪生まれの作曲家、酒井健治の「Photons」や、アルゼンチンの鬼才・カーゲルの「DIVERTIMENTO?」を披露する。指揮は大井剛史、サクソフォンは上野耕平。

 大井と上野は昨年12月、オンライン形式の記者会見で意気込みを語った。「Photons」について、大井は「光の渦に潜り込んだような気持ちになるイマジネーティブな曲。リズミカルな動きがあって、どこか愉快にも聞こえる」とする一方、「四分音や重音がちりばめられていて来年一番大変なプログラム」。上野も「演奏は本当に難しいが、プレーヤーとしては挑戦したくなるところ。乗り越えた先にある響きの面白さや音楽の奥深…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです