メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

「ポストコロナ」への光=高橋由衣 /北海道

 「今後に生かせる経験をさせてもらった」。コロナ禍で苦慮する教育現場を取材する中、クラスター(感染者集団)が発生した道内のある小学校の校長の言葉に、ポストコロナ時代に向かう光を見た気がした。

 昨年11月、校内では万全の感染症対策を敷いていたはずなのに、児童や教員の間で感染が広がり、2月の一斉休校以来になる2度目の休校に追い込まれた。だが、初の試みで動画を一方的に配信するだけだった当時のオンライ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです