東日本大震災10年

グループ補助金 交付後、92事業者倒産 宮城が最多 自己負担分、重荷に /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
グループ補助金交付先事業者の倒産件数(合計92事業者)
グループ補助金交付先事業者の倒産件数(合計92事業者)

 東日本大震災で設備や施設が壊れ、国と県から復旧のための「グループ補助金」を受け取った岩手、宮城、福島3県の延べ9941事業者のうち、0・9%の92事業者が倒産したことが、各県への取材で分かった。自己負担分の借金返済が重荷となり、経営を断念したケースが目立つ。震災から10年となる3月11日が近づく中、苦境が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1290文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集