メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大熊に診療所2月開業 原発事故後初の医療機関 /福島

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された大熊町大川原地区に2月2日、町診療所がオープンする。事故以降、町内で医療機関が開業するのは初めて。住民帰還が進むきっかけになるか、期待が集まる。

 診療所は昨年4月にオープンしたグループホームなどがある住民福祉センター内に開設。毎週火曜の午前中、県立医大に所属し…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです