東日本大震災

大熊に診療所2月開業 原発事故後初の医療機関 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された大熊町大川原地区に2月2日、町診療所がオープンする。事故以降、町内で医療機関が開業するのは初めて。住民帰還が進むきっかけになるか、期待が集まる。

 診療所は昨年4月にオープンしたグループホームなどがある住民福祉センター内に開設。毎週火曜の午前中、県立医大に所属し…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集