コロナ収束後 台湾人が行きたい都道府県は? 群馬低迷42位に 景勝地や温泉、ブランド確立を /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪上で写真を撮り合う台湾からの参加者ら=青森県五所川原市金木町の五所川原農林高校大東農園で2020年1月27日9時51分、平家勇大撮影
雪上で写真を撮り合う台湾からの参加者ら=青森県五所川原市金木町の五所川原農林高校大東農園で2020年1月27日9時51分、平家勇大撮影

 台湾・香港人向けの日本情報サイト「楽吃購(ラーチーゴー)!日本」が、台湾人を対象に「コロナ禍の収束後に行ってみたい日本の都道府県」をアンケートしたところ、群馬は42位に沈んだ。背景を探ると、インバウンド(訪日観光客)誘致の課題が浮かび上がる。同サイトを運営するジーリーメディアグループ(東京都)の担当者は「群馬はブランド構築ができておらず、東京に来る訪日客にアピールできていない」などと分析している。【庄司哲也】

 調査は2020年11月に8449人を対象に行われ、12月上旬に結果が公開された。対象者の約98%は訪日経験者で、うち約4割は9回以上、訪日している。新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後の訪日意欲について尋ねたところ、56%が「すぐに行きたい」と回答した。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文917文字)

あわせて読みたい

注目の特集