メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインで特殊詐欺講習 草加署 /埼玉

スマートフォンの通話アプリを使って、特殊詐欺のオンライン講習を行う埼玉県警の草加署員=同署で2020年12月17日、成澤隼人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、草加署は無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用したオンラインの特殊詐欺講習会を行っている。

 同署が管轄する草加・八潮両市は県内でも特殊詐欺被害が目立っており、2020年の被害(11月末現在)は39件(前年比27件減)で被害額は計約3700万円。対面での講習会に代えて、20年8月から実…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです