メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊覧飛行の人気続く 「非日常を味わえる」「海外旅行の気分で」 /東京

日本航空の遊覧飛行に搭乗する前、マーライオン像の模型の前で模擬パスポートを手にする旅客=成田空港で2020年12月5日午前11時3分、中村宰和撮影

 航空各社が遊覧飛行の運航便数を大幅に増やしている。「非日常を味わえる」「海外旅行に行った気分になる」と旅客の反応は上々で、各社は定番の富士山上空の周遊に加え、多彩なプランを企画する。新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、自由に海外旅行できない期間が長期化していて、遊覧飛行の人気はしばらく続きそうだ。【中村宰和】

 「成田発成田行き」。旅客149人は行き先表示を確認し、成田空港の国内線チェックインカウンターで手続きした。搭乗口前に入国審査場に似せたブースが設けられ、スタッフから赤い表紙の模擬パスポートにスタンプを押してもらい、観光名所のマーライオン像の模型(高さ2・2メートル)の出迎えを受けた。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです