メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春届ける啓翁桜 富山・きょうまで /富山

チラチラと咲く啓翁桜=富山市明輪町の富山駅南北自由通路で、青山郁子撮影

 厳しい寒さが続く中、富山市山田地区特産の「啓翁(けいおう)桜」約60本を使ったアレンジメントが13日まで、富山市の富山駅南北自由通路で展示され、市民に一足早い春を届けている。

 啓翁桜は淡いピンクの小さな花が2~3週間も咲き続けるのが特徴。標高の高い山田地区では、1995年から促成栽培を始め、今シー…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです