メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御神渡り、期待高まる 氷切り出し、厚さ1~2センチ 諏訪湖 /長野

 厳しい冷え込みが続き、諏訪湖は10日、岸辺を中心に広範囲で凍った。御神渡(おみわた)り神事をつかさどる八剱(やつるぎ)神社の早朝湖面観察で今季初めて、氷を割るために使う「氷斧(こおりよき)」を振るい、厚さを測るために三角形に切り出した氷を湖面に立てた。宮坂清宮司(70)は「御渡りがあった2018年以来3季ぶりのこと。心が燃えてくるものがある」と話しており、今季は御神渡り出現の期待が一気に高まってきた。

 諏訪は8、9日と2日連続で真冬日を記録。10日早朝も湖面観察地の舟渡川河口(諏訪市豊田)は気温氷点下7・4度、水面下50センチの水温は0・1度。沖約30メートルまで薄氷が張った。氷の厚さは1センチから2センチほどという。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  3. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです