「今年こそ西軍勝利」 三成の悲願、グッズ人気 関ケ原古戦場記念館 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岐阜関ケ原古戦場記念館の売店で「今年こそ西軍勝利」との言葉がプリントされたグッズを紹介する志智拡造店長=岐阜県関ケ原町で
岐阜関ケ原古戦場記念館の売店で「今年こそ西軍勝利」との言葉がプリントされたグッズを紹介する志智拡造店長=岐阜県関ケ原町で

 天下分け目の関ケ原の合戦で東軍に敗れた石田三成率いる西軍の悲願を代弁する「今年こそ西軍勝利」との言葉がプリントされたグッズが、2020年10月に開館した岐阜関ケ原古戦場記念館(関ケ原町)で人気だ。ツイッターで三成にふんして発信する男性の言葉を基にしており、男性は「三成の人間性を知るきっかけになればうれしい」と期待する。

 18万人超のフォロワーを持つ「ジブさん」は歴史を学ぶ20代の大学院生。子どものころに見た大河ドラマの影響で三成のとりこになった。7年ほど前からさまざまな歴史ドラマの登場シーンに合わせてつぶやいたり、三成の文書を分かりやすく紹介したりしており、例年10月21日(旧暦9月15日)の合戦が近づくと「今年こそ西軍勝利」とのツイートで盛り上がる。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集