メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

贈賄容疑を否認 林野庁発注工事 建設会社社長 /静岡

 林野庁発注の林道改良工事を巡る贈収賄事件で、贈賄容疑で逮捕された富士宮市の佐野藤建設社長、後藤元光容疑者(74)=富士宮市中島町=が容疑を否認していることが12日、関係者への取材で明らかになった。後藤容疑者は山奥での作業が多い林野庁発注の工事について、労力の割に利益率が低いと説明。「賄賂を渡してまで工事を受注する必要はない」と訴えているという。

 佐野藤建設は、収賄容疑で逮捕された天竜森林管理署統括森林整備官、岩崎隆裕容疑者(49)=浜松市浜北区西美薗=が東京神奈川森林管理署(神奈川県平塚市)の統括森林整備官として働いていた2018年度までに今回の林道改良工事を含めて管理署発注の工事を少なくとも4件、受注。岩崎容疑者は工事を監督する立場だった。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです