特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラを考える

TOKYO2020/10 スポーツ墨絵 躍動 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1963年に斎辰雄が図案を制作した陶器の絵皿=中京大スポーツミュージアム蔵
1963年に斎辰雄が図案を制作した陶器の絵皿=中京大スポーツミュージアム蔵

 名古屋市営地下鉄桜通線の瑞穂運動場西駅に、オリンピックとの意外な接点がある。駅ホームに描かれたタイル画「躍動 走、跳、投」。原画は、斎(とき)辰雄によるスポーツ墨絵だ。

 斎は1904年に徳島県で生まれ、中学時代から投てき種目に親しんだ。現在の三重大学で学び、名古屋で教員になった。

 教員として勤めながら陸上競技を続け、28年、24歳でアムステルダム五輪代表の座を射止めた。種目は陸上十種競技。短距離、中長距離、跳躍、投てきをオールラウンドにこなす万能選手だった。

 五輪十種競技での12位という記録は、20年アントワープ五輪の野口源三郎と同じ、当時の日本最高成績だった。日本選手権では、5連覇という圧倒的な強さを誇った。引退後は、指導者として競技に関わった。

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1680文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集