新型コロナ 外出自粛や催し制限を 緊急事態措置、5項目決定 府対策会議 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都府の緊急事態措置の概要を説明する西脇隆俊知事=京都府庁で、大川泰弘撮影
京都府の緊急事態措置の概要を説明する西脇隆俊知事=京都府庁で、大川泰弘撮影

 政府が京都、大阪、兵庫の3府県に新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言を発令する方針を固めたことを受けて府は12日、感染症対策本部会議を開き、府の緊急事態措置を決定した。外出の自粛▽イベントなどの開催制限▽施設の使用制限▽職場への出勤削減▽大学への要請――の5項目からなる。

 措置は、発令から宣言の期限とされる2月7日まで。府内全域を対象とする。通院や買い物、出勤などを除いた不要不急の外出自粛、特に午後8時以降は徹底した自粛を求める。イベントなどは5000人以下かつ屋内なら収容率50%以下、屋外は来場者の間隔をできるだけ2メートル以上確保する…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文687文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集