綾部市立病院 手話通訳、遠隔で 府、端末設置 コロナ感染防止考慮 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遠隔手話通訳のサービスが受けられるタブレット端末=京都府綾部市青野町の同市立病院で、佐藤孝治撮影
遠隔手話通訳のサービスが受けられるタブレット端末=京都府綾部市青野町の同市立病院で、佐藤孝治撮影

 府は12日、綾部市立病院(同市青野町)に、聴覚障害者が遠隔で手話通訳を受けられるタブレット端末を設置した。新型コロナウイルスの感染拡大防止も考慮し、府は2020年6月から各地の聴覚言語障害センターなどに配備している。病院へは府立医大付属病院に続き2カ所目。

 専用アプリを使って京都聴覚言語障害者福祉協会…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集