メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!ひろたに弁護士

/74 認知症の母が契約……解約できる? 意思能力の有無が争点に /和歌山

え・揚村日菜さん(和歌山市立和歌山高校2年)

 <教えて!ひろたに弁護士(せんせい)>

Q 認知症の母がインターネット回線の契約を結ばされました。私が気付いたのが遅く、既に2カ月分の料金を支払ってしまっています。解約および返金はできますか。ネットを利用しないので必要ないし、判断力が低下している高齢者をだまして契約させた会社が許せません。

A 熟慮せずに結んでしまった不本意な契約から消費者を保護するための制度として、クーリングオフがあります。インターネット契約には、クーリングオフは適用されませんが、類似した「初期契約解除制度」があります。これは、原則として契約書面の受領日から8日以内であれば、解約金を支払わずに契約を解除できるという制度です。

 ただ本件では、既に2カ月分の使用料を支払っているということなので、この制度での保護は難しいことになります。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです