メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酔いしれて山陰

/7止 鳥取 兎ッ兎ワイナリー ワインも人も育てたい /鳥取

兎ッ兎ワイナリーのメンバー。(右から)前岡美華子さん、田中悦子さん、寺谷英樹さん、野口涼さん=鳥取市で、阿部絢美撮影

 平安時代に因幡国庁が置かれ、のどかな田園が広がる鳥取市国府町。ブドウの栽培から醸造までワインを一貫生産する「兎(と)ッ兎(と)ワイナリー」がある。社長の前岡美華子さん(54)は風土と人の縁を大切にしながらワイン造りに励んでいる。

 2005年に夫の出身地の当地に転居。「農業を通じて人のつながりを作りたい」との憧れがあり、さらに同町がブドウの産地だったこともあって、2年後に義父が所有する耕作放棄地でブドウ農園を始めた。09年に初収穫し、兵庫のワイナリーに委託して初めてワインを製造。その後も三重や岡山にブドウを送ってワインを造ってもらったが、収穫と醸造の期間が空くことで品質が落ちるジレンマがあった。

 一方、鳥取市などが国の「果実酒特区」に16年に認定。酒造免許の最低製造数量が引き下げられたのを受けて、敷地内に醸造所を建て、小規模ながらワイナリーが誕生した。今では約1・5ヘクタールの農園で十数種類ものブドウを育て、販売まで手がける6次産業化に力を入れている。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです