新型コロナ 佐伯市議会 市独自食事券認めず 感染拡大懸念の声相次ぐ /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 佐伯市議会は12日の臨時議会で、新型コロナ感染症対策に関わる補正予算案のうち、市が提案した独自の食事券配布を認めないことを決めた。全国的に新型コロナの感染拡大が止まらず、首都圏で緊急事態宣言が発令されたことも踏まえて、配布への反対意見や、光熱費負担などの代替手段が望ましいとの声が相次いだ。

 市は同日、新型コロナ感染症対策を含む1億2531万7000円の補正予算案を市議会に提案した。そのなかで市独自の食事券に関係する予算として7829万9000円を盛り込んだ。国の「GoTo イ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集