吉川元農相、在宅起訴へ 500万円受領、収賄罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院議員を辞職した吉川貴盛元農相(70)が大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」グループの元代表(87)から現金を受け取ったとされる事件で、元代表が東京地検特捜部に贈賄容疑を大筋で認めていることが関係者への取材で判明した。特捜部は近く、農相在任中に賄賂500万円の授受があったとして、吉川氏を収賄罪で、元代表を贈賄罪で、それぞれ在宅起訴する方針とみられる。

 関係者によると、吉川氏は2015年ごろに元代表と知り合い、農相だった18~19年をまたいで20年まで継続して現金を受け取っていた。総額は1800万円に上るという。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集