東宝「鬼滅」効果で上方修正 21年2月期予想

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東宝は12日、2021年2月期連結業績予想を上方修正したと発表した。昨年10月に公開したアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的ヒットとなったことが寄与した。売上高に当たる営業収入を1650億円から1860億円に、最終(当期)利益を90億円から140億円にそれぞれ引き上げた。

 鬼滅の刃の国内興行収入はこれまでトップ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集