メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月街角景気、急減速 「第3波」で10.1ポイント下落 内閣府調査

例年より人通りの少ない東京・上野のアメ横商店街。入り口付近には消毒液が置かれていた=東京都台東区で2020年12月29日午後3時10分、幾島健太郎撮影

 内閣府が12日発表した2020年12月の景気ウオッチャー調査によると、3カ月前と比較した街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比10・1ポイント下落の35・5だった。悪化は2カ月連続で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあった20年5月(15・5)以来の低水準。感染拡大の「第3波」で景況感が急速に悪化している現状が浮き彫りとなった。

 基調判断は「新型コロナ感染症の影響により、このところ弱さがみられる」に下方修正。6月から続いた「持ち直し」の表現を削除した。内閣府は「感染再拡大に伴うGoToキャンペーンの停止や会食控えが広がり、業況が悪化している」としている。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです