空を創造の場に ソニー、空撮用ドローン発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
空撮用のドローンを披露するソニーの吉田憲一郎社長=CESの発表会の動画から
空撮用のドローンを披露するソニーの吉田憲一郎社長=CESの発表会の動画から

 ソニーは11日、映像クリエーター向けに、空撮用の小型無人機ドローンを発表した。世界最大級の家電IT見本市「CES」に参加した各社のオンライン発表会が相次ぎ、中韓勢は画面が巻き取り式で伸び縮みするスマートフォンを披露した。

 ソニーのドローンは、同社のミラーレス一眼カメラを搭載し、安定した飛行性能で迫力のある映像を撮影できるという。吉田憲一郎社長は「空を限りない創造のための場所に変える」と強調し、新たな映像分野の開拓に意欲を示した。

 韓国のLG電子と中国のTCL集団はそれぞれ、スマホの画面が巻き取り式で伸縮する動画を公開した。TCLの画面は6・7インチから7・8インチに拡張する。韓国のサムスン電子は人工知能(AI)を搭載した自動掃除機を発表した。センサーで部屋の状態を認識し、留守宅の監視機能も備える。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文549文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集