外国人入国を全面停止 首相発表 ビジネス往来も含め2月7日まで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影

 菅義偉首相は13日、中国や韓国など11カ国・地域のビジネス関係者らの短期滞在・長期滞在(ビジネス往来)を2月7日まで停止すると発表した。日本への外国人の入国は、病気治療や親族の葬儀など人道的な例外措置を除き、全面的に停止する。一斉停止をいったん見送っていたが、与野党や国内の批判に配慮した。

 首相は記者会見で、一斉停止の理由について、「11カ国・地域からの入国者に変異株の感染が確認された事例はない。しかし、国民の皆さんの不安が高まっている現状を大変重く受け止めている」と説明した。具体的には、英国から帰国した男性が帰国時の検査で感染が確認されず、その後に変異株の感染が判明した事案やブラジ…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集