メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株反発、60ドル高 米経済対策やワクチン普及への期待が下支え

 ニューヨーク証券取引所のディーラー(AP=共同)

[PR]

 12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比60・00ドル高の3万1068・69ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は36・00ポイント高の1万3072・43と反発した。

 バイデン次期米政権の経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及への期待感が相場を下支えした。政権移行を巡る混乱に対する警戒感などから、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。

 米主要企業の2020年10~12月期決算の発表の本格化を控え、様子見気分も強かった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです