家電IT見本市「CES」開幕 注目はコロナ対応技術 初のオンライン開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソニーが公開した、歌手のマディソン・ビアーさんのアバター(中央)が仮想のステージで公演する動画=エピックレコード提供
ソニーが公開した、歌手のマディソン・ビアーさんのアバター(中央)が仮想のステージで公演する動画=エピックレコード提供

 世界最大の家電IT見本市「CES」が11日(日本時間12日未明)、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は初めて全てのイベントをオンラインで14日まで開く。世界的に非接触・非対面の新たな生活様式が広がっており、各企業はデジタル技術を駆使した新たなサービスをアピールしている。

 CESは例年1月、米ネバダ州ラスベガスで開かれている。2020年は約4400社が出展し、17万人が来場したが、オンライン開催となった今年の出展企業は約2000社と半分以下に減少。日本企業ではソニーやパナソニック、NTTなどが出展する一方、常連のトヨタ自動車やホンダなど自動車メーカーは出展を見送った。

 11日のメディア向け発表会には、各企業のトップらが登壇。新型コロナの影響で大勢の人が集まるライブが制限される中、ソニーは歌手の動きをセンサーで捉え、コンピューターグラフィックス(CG)で再現したアバターが、仮想のコンサートホールで歌う動画を配信した。スタジオなどで歌っていても、本物のホールでライブをしているような臨場感を出せるという。ソニー・ミュージックエンタテインメントでデジタル事業を率いるデ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文951文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集