メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米GMが年内に商用EV フェデックスに最初の車両納入 CESで発表

米ゼネラル・モーターズ(GM)が米物流大手フェデックスに納入する商用の電気自動車(EV)=GM提供・共同

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、商用の電気自動車(EV)を年内に発売すると発表した。ガソリン車からEVに事業の軸足を移す戦略の一環。開催中の「CES」で打ち出した。

 環境分野への投資強化を掲げるバイデン米政権が近く発足予定で、今年のCESは「脱炭素」も重要なテーマだ。IT企業によるEVや自動運転の取り組みも相次いだ。

 「新型コロナウイルス禍で物流需要が急増している」。GMのバーラ最高経営責任者(CEO)は環境負荷の低減に向け、商用EV導入の意義を強調した。最初の車両となる「EV600」をまず米物流大手フェデックスに納入し、インターネット通販企業などにも拡販する方針だ。荷物を玄関まで運ぶ電動の台車も開発した。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです