メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府無策なら失業者13万人発生の恐れ マイナス成長再転落も 緊急事態拡大

 首都圏に続き、関西などにも緊急事態宣言の対象地域が拡大したことで、経済への打撃は一層、深刻化する。市場では2021年1~3月期の日本経済は再びマイナス成長に転落するとの見方が強まっており、「宣言が長期化すれば、20年春のような経済低迷に陥りかねない」との懸念も出ている。

 大和総研は1~3月期の実質成長率(年率換算)について当初、前期比2・2%増のプラス成長と予測していた。だが、首都圏への再発令に伴い、マイナス成長に転落するとの見通しに下方修正。今回の対象拡大で、マイナス幅は1・4%減に悪化するとみている。

 第一生命経済研究所によると、対象地域拡大を含む宣言再発令の影響で、外食や買い物といった個人消費が落ち込み、国内総生産(GDP)は年間2・3兆円程度、下押しされる恐れがある。政府の旅行需要喚起策「GoToトラベル」の再開も先送りになった影響を加えると、下押し規模は2・5兆円程度に拡大するという。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです