メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY円、103円後半 景気先行き警戒感でドル買いやや優勢

 ニューヨークのウォール街(AP=共同)

[PR]

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比18銭円安ドル高の1ドル=103円87~97銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2163~73ドル、126円41~51銭。

 米株式先物相場の下落を受けて景気の先行きへの警戒感が広がり、基軸通貨ドルの需要が高まるとの思惑からドル買い円売りがやや優勢となった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです