メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY円、103円後半 景気先行き警戒感でドル買いやや優勢

 ニューヨークのウォール街(AP=共同)

[PR]

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比18銭円安ドル高の1ドル=103円87~97銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2163~73ドル、126円41~51銭。

 米株式先物相場の下落を受けて景気の先行きへの警戒感が広がり、基軸通貨ドルの需要が高まるとの思惑からドル買い円売りがやや優勢となった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです