メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

複数のゴリラがコロナに感染 大型類人猿で「初の自然感染」 米西部の動物園

サンディエゴ動物園サファリパークで暮らすゴリラの群れ=米西部カリフォルニア州で2021年1月10日(サファリパーク提供・AP)

[PR]

 米西部カリフォルニア州のサンディエゴ動物園サファリパークで複数のゴリラが新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。動物園の運営団体によると、大型類人猿への自然感染が確認されたのは初めてという。

 運営団体の声明では、6日にゴリラ2頭にせきの症状があることが分かり、ふん便による検査をしたところ、11日に陽性と確認された。園のスタッフは、ゴリラに近づく際に防護具を着けていたが、無症状のスタッフから感染した可能性が高いという。

 園では複数のゴリラの家族が群れをなして生活しているため、全頭が「濃厚接触」の可能性がある。ただしサファリパークは昨年12月6日から閉園しており、公衆への感染リスクはないとしている。

 サファリパークのリサ・ピーターソン事務局長は運営団体の公式サイトで「ゴリラの群れはみんなで隔離措置をして過ごしている。食事をしており、完全回復に期待できる」とコメントした。

 米疾病対策センター(CDC)によると、これまでミンク、犬、猫、フェレット、トラ、ライオンなどへのコロナの自然感染が確認されている。【石山絵歩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです