米連邦政府、67年ぶりに女性の死刑執行 トランプ政権、交代直前に強行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リサ・モンゴメリー死刑囚=弁護団提供
リサ・モンゴメリー死刑囚=弁護団提供

 米司法省は13日、絞殺した妊婦(当時23歳)の胎児を奪って誘拐したとして、死刑判決を受けたリサ・モンゴメリー死刑囚(52)の刑を中西部インディアナ州の刑務所で執行した。同州の連邦地裁が11日夜、精神障害の影響で「本人が執行を理解できていない可能性がある」として延期を決めたが、連邦最高裁が執行を認めた。連邦政府による女性の死刑執行は67年ぶり。トランプ政権による死刑執行は半年あまりで11人に上っている。

 米国には連邦レベルと半数以上の州に死刑制度があり、連邦レベルでは2003年以降、執行されてこなかった。トランプ政権は昨年7月、17年ぶりに執行を再開。11月の大統領選前までに7人に執行し、政権移行期に入っても3人に執行した。米国では政権移行期に死刑を執行しないのが130年以上の慣例だったが、任期切れ直前にモンゴメリー元死刑囚の執行も強行した。バイデン次期大統領は死刑廃止を公約しており、政権交代ま…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文912文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集