メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナワクチン接種「2月下旬までに開始」 広島、名古屋、山形…準備は間に合うのか?

新型コロナのワクチン開発に伴い需要が急増する超低温冷凍庫=東京都港区のPHC本社で2020年10月16日、横田愛撮影

 拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルスの感染状況に不安が募る中、新型コロナのワクチン接種のスケジュールが具体的になってきた。菅義偉首相は4日の年頭記者会見で、ワクチン接種を2月下旬までに開始する方針を示した。国が主導し、自治体が実施を担うワクチン接種は、全国民が対象になる類例のない大規模事業。各地の自治体の現場ではどの程度、準備が進んでいるのだろうか。

 国は昨年12月、人員配置や医療機関との調整など、ワクチン接種開始までに都道府県や市区町村が準備する事項をまとめた。態勢が整い次第、まず医療従事者(全国で約400万人)から優先して接種を開始する。その後、高齢者(65歳以上、約3600万人)、基礎疾患がある人(約820万人)の順で進められる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです