メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

播州そうめん、ユダヤ教徒へ販路拡大 兵庫の東亜食品が「コーシャ認証」取得

コーシャ認証を取得した東亜食品工業の播州そうめんなどの乾麺=同社提供

[PR]

 「播州そうめん」などを製造する兵庫県姫路市御国野町深志野の東亜食品工業が、ユダヤ教の戒律に基づく食規定「コーシャ認証」を取得した。国内の乾麺メーカーでは初の取得。認証されたことで、世界各地のユダヤ教徒のほか、米国や欧州の富裕層からも安全な食品として認知されやすくなる。播州そうめんの海外展開にも弾みがつきそうだ。

 和食が世界無形文化遺産に登録された2013年以降、国内の外食産業やホテル業界は、食について厳しい戒律があるイスラム教圏などからの観光客への対応に積極的に乗り出した。

 同社も14年、イスラムの戒律に沿った「ハラル認証」を取得。18年には、ユダヤ教徒への販路拡大を視野に、小麦を一切使用しない「グルテンフリー麺」を開発した。さらに、食に関する戒律をクリアしたうえでコーシャ認証団体「オーソドックス ユニオン」(本部・ニューヨーク)の審査を受け、20年12月に認証を取得した。

 同社は、播州そうめんのほか、うどん、日本そば、中華麺などの乾麺を製造し、北米やアジアを中心に世界30カ国以上に輸出している。井上位一郎社長(58)は「世界中の人たちにおいしい本物の播州そうめんや日本の乾麺を安心して食べていただきたい」と話している。【関谷徳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです