メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良の一家5人死亡火災 殺人などの疑い、父親を容疑者死亡のまま書類送検 県警

奈良県警=中津成美撮影

[PR]

 奈良県五條市住川町で2020年5月、子どもを含む一家5人が死亡した民家火災で、県警は13日、殺人と非現住建造物等放火などの疑いで、介護施設職員の父親(当時32歳)を容疑者死亡のまま書類送検した。県警は、父親が子どもらを殺害した後、寝室に灯油をまいて火を付けたとみている。

 この火災では、妻(当時33歳)と当時2~8歳の男児3人も死亡。県警によると、5人の遺体が見つかった寝室からライターとポリタンクの一部などが押収され、床から油の成分も検出された。家族についての悩みが記された父親のメモが見つかっている。【小宅洋介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです