特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2 「カプセル回収の舞台裏」橘省吾・東大教授ルポ・中

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
低木が点在する砂漠で見つかった探査機はやぶさ2のカプセル。中央に立つのが、カプセルを最初に見つけた澤田弘崇・JAXA主任研究開発員=JAXA提供
低木が点在する砂漠で見つかった探査機はやぶさ2のカプセル。中央に立つのが、カプセルを最初に見つけた澤田弘崇・JAXA主任研究開発員=JAXA提供

 昨年12月、オーストラリアで探査機はやぶさ2のカプセルの回収作業に当たった橘省吾・東京大宇宙惑星科学機構教授(宇宙化学)からの寄稿の2回目は、現地での実験室設営の苦労、そしてカプセルと6年ぶりに再会したときの光景がつづられている。カプセル帰還から日本へ出発するまでの長い2日間、カプセルの中身が分からない中、チームのメンバーはどんな思いで作業を進めたのだろうか。

  ◇  ◇  ◇

毎朝、最初の仕事は……

 到着翌日の昨年11月17日から、カプセルが着地する予定となっている豪軍の「ウーメラ立ち入り制限区域(WPA)」内での活動が始まりました。私たちサンプラーチームは、帰還したカプセルを扱う実験室の設営に着手しました。床や壁、頭上の蛍光灯などを掃除し、ちりが入らないような清浄空間を作り、その中に、カプセルのサンプルコンテナを清掃するための作業テーブルや、日本から送った顕微鏡やガス採取装置などを設置しました。簡易的ではありますが、立派な作業環境が出来上がりました。

 予期しないトラブルもいろいろありました。そのひとつはガやカメムシなど昆虫の大量発生でした。「虫たち」はこちらの願いを聞き入れてくれず、清浄空間に隙間(すきま)から入ってきてしまいます。毎朝、最初の仕事は虫の駆除になりました。それでも豪州の皆さんの力強い助けに支えられ、サンプラーチームの作業では、特にオーストラリア国立大のトレバー・アイルランド教授に助けられ、装置の起動や作業リハーサルをこなしていきました。

「帰ってきた。さあ、迎えに行こう」

 カプセル帰還前日、12月5日午後になると、私たちは設営した実験室に入り、道具や手順の最終確認をしました。そこへ、日本から…

この記事は有料記事です。

残り2206文字(全文2922文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集